別布(シーチング)の仮縫いについて

着物リメイクにとって、別布での仮縫いは、大事な作業になります。

丁寧に採寸を行なっていても、一度で、ピッタリに製図ができるとは限りません。

デザインの確認だけではなく、細部のゆとりの調整をすることで、お客様の体系にあった、着心地の良いドレスに仕上がります。

着物を、いきなり裁断してしまっては、補正することが困難です。

洋服地のように代わりの生地がありません。大切なお着物ですから、裁断前の丁寧な仕事が大事になってきます。ご面倒ですけれど、お付き合いくださいませ。

仮縫いと本縫い

仮縫いの後、本縫いに入ります。ネックラインが横に少し広がりすぎていましたので、5mmずつ狭めました。仮縫いのご試着の際は、ネックレスも着けてご確認ください。その他の印象は良いようです。本縫いでは、模様合わせも上手くいきました。

 

仮縫いの横からの撮影では、後丈が長すぎたために、背中が膨らんでしまいました。バストダーツも足りませんでした。後ヒップのゆとりも少ないために、ピップも膨らんでしまいました。本縫いでは補正しましたので、背中がすっきりしています。ヒップラインも落ち着きました。

仮縫いの後ろの写真では、右肩が傾いているのが分かります。どちらかの肩が落ちているお客様が、時々いらっしゃいます。極端な場合は補正しています。ヒップのゆとりも足りないのが分かります。本縫いでは、補正しましたので、綺麗なラインになりました。

体型補正が無料

 これまでも続けてきたことではありますけれど、お客様がお気付きでない部分の体系補正など、無料で行ってきました。

 華やかなデザインの陰に隠れて、もしかしたら、いえ、多分ずっと気付かれないであろうと思われることも、私たちは、お客様のためと思い、お客様に伝えることもなく、より良い仕上がり、より良い着心地を目指して仕事をしてまいりました。

 その心意気は、これからも変わりません。ご縁をいただけましたお客様の幸せを願っています。

採寸の方法はこちら

TOP